テーマ:育児

佐世保高1女子殺害事件は、社会性教育の欠如

 長崎県佐世保市で不登校の高校一年の女子高生が友達の女子高生を殺害、解剖していた事件が7月26日に起きた。(下記参照)10月5日父親自殺。  人間の子供は、野生動物と同じで、善悪の観念は当然ないために、子供の時に平気でカエルなど小動物を殺していた。人間も動物であり、本能で動物を捕まえて食べていた。  人間も飢餓の時には、人肉を食べて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京でも妊婦受け入れ拒否!

 以前、奈良県で妊婦の受け入れ拒否で死亡したが、今回、東京 でも妊婦の受け入れ拒否で一人は脳内出血で死亡し、後の一人 は意識が戻らない重体に陥っている。  確かに医者が不足していることが大きな一因ではあるが、東京に 多くの医者が集まって、開業医になっている。  医者が少ない地方では、地域の中核病院が救急患者を一旦すべて 受け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

治療を受けられない子供3万人以上!

 国民健康保険料が払えなくて、無保険になってしまった子供が 全国で3万人ほどいる。  このために病気になって病院に行くと全額負担になるために診 察だけで1万円程度かかるために、治療を受けられない子供が いる。  子供の場合、保険に入っていれば、500円?で治療を受けられる ところが、無保険の場合、全額負担になるために、薬代を…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

平塚、スロープ型エスカレータ事故

 平塚のスーパーでスロープ型のエスカレータで幼児が下り側に 近づいて転倒して、下り側の降り口に手をついて薬指を切断する 事故が4月8日に発生した。  このスロープ型のエスカレータは、以前にも登り側で側面の天井 を抜ける箇所にブラスチック棒や板がぶら下がっているが、短くて 首を挟まれて重体になる事故が去年発生していた。 htt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幼児、送迎バス事故死

 幼い幼児が、兄の幼稚園児と母に連れられて見送りに来て後輪 に轢かれて死亡する悲惨な事故がまた起きた。(下記参照)  以前も同じように送迎バスに轢かれる事故がおきていたが、また 起きた。  幼児は危険の認識が無いので近くに電車の線路に入って、事故 死する事故や、もっと悲惨な事故は母親の運転する車に轢かれて 死亡する事故も多発…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

フランス、出生率2.0と保育ママ制度

 フランスは子育て支援を充実させて、親の子育て負担が、大幅 に削減されて、2006出生率2.005まで上昇している。  まず、教育費がただで、教育にお金がかからない。  また経済的な支援によって、4人以上で働かなくて、家事だけで も生活せきるため、子沢山で家事に追われて、失業しても生活 できる。  また共稼ぎの夫婦に対して、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

運動能力がない子供!

 生活に支障をきたすほどの運動能力がない子供が増えている。  原因が外で遊ぶことがここ20年で半減したために、ボールを 投げられない子供、ぶら下がることが出来ない子供、階段程度 の高さを飛び降れない子供、転ぶと顔面を怪我をする子供が 激増している。  少子化と核家族化によって、遊び相手がいないこともあり、 外で友達と遊ぶ機会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

児童虐待

児童虐待  幼児の虐待死がよく報道されています。親の虐待によって死亡 した児童H10で57人も殺されています。  猿など哺乳動物でも相手の雄が代わると前の相手の子供を殺す ことがあるが、人間社会でも連れ子が殺される事件が発生してい る。  ライオンの場合は以前の雄ライオンの子供がいなくなることに よって、メ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

医師不足と医療支援システム

 医療機関の問題として、儲かる分野と負担が多い分野で医師が アンバランスになっている。  特に、小児科、産婦人科の医師が不足している。  大人と幼児の治療費が同じでは、意思疎通の難しい小児科の医 者が少なくなるのは当然である。  産婦人科も昼夜を問わず対応しなければならないために負担が 増え、事故が起きると訴えられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幼児の火災事故

 火事による事故で幼い兄弟姉妹が亡くなる事故がおきている が、子供は花火、蝋燭、ライターなど火遊びをよくする。  動物である人間が火を使うようになったように、動物である子供 は火に対して強い好奇心を持っていて、火遊びを通じて火の扱い 方を覚えていくためである。  昔の日本の家屋は木と紙とわらぶき屋根など作られていたこと …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会のしくみ⑭教育のしくみ

 高等動物は親や群れに守られて育てられ、生きていくすべを体 得していった。人間も家族を中心に部落で育てられた。  意思の伝達手段として声が使われ、人間は複雑な意思の伝達手 段として言語を大きな集団で共有するようになった。交流する集 団で共通の言語が作られて、発展してきた。音声だけの口語では 人の記憶力に依存するため、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会のしくみ⑬学歴と能力

 日本国民は高学歴の官僚が偉いと勘違いしているが、試験勉強 が出来るだけで人徳があるわけでもなく、ただ記憶力と要領がい いだけのずる賢いだけである。  ただし、米国の大学は単なる知識の詰め込みではなく、部活、奉 仕活動など指導力など多方面から評価され、ほんとうの能力主義に 近づけている。   これは明治時代欧米の文明に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

核家族化と子育て

 以前は農業が中心で子供も親の跡を継ぐために、当然のこととして 同じ家に住み、三世代が同居して暮していた。  (貧しくて別居するお金もなかったが)  収入の多い会社で働く人が多くなってくると、親と同じ職場で働く ことができなくなり、別居することになり、核家族化が進んだ。  また、転勤で単身赴任や他地域への学校に進学することで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間って恐い!

 動物の世界では親を殺す子供の話は聞いたことが ないです。  子供は生きるための本能は備わっているが、人と の関わりを持つ社会で生きるための規律を学んで 人間になる。  動物に芸を仕込む時は、飴とムチが基本である。 飴は褒めること、餌を与えることであり、ムチは 叱ること、罰を与えることである。  本能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いじめ

いじめが人間の世界でありますが、にわとりも鶏舎にたくさん 入れておくと必ず数羽、鶏冠部分を突付かれて毛がぬけ、怪我を します。  特に、狭いところにいっぱい入れておくと必ず起きます。鶏舎に 詰め込むとストレスがたまり、逃げ場がないために、起きるよう です。逆に広い場所で放し飼いにしておくとおきない。  運動させ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こうのとりのゆりかご

 子供を助けるためのいわゆる (赤ちゃんポスト) が熊本の病院に設置された。  20年ほど前にも設立され、10人ほど救ったが、 赤ちゃんが死んでいた事件が起きたため、閉鎖された。  批判する人がいるが、少子化の日本で、子供を生んで くれるのだから、収入がなくて生活できないのであれば、 国が子供を育てるしくみを作れば…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more