空き家、耕作放棄地、所有者不明の土地問題

日本は、人口減少の時代になって、空き家、耕作放棄地、所有者不明の土地が膨大になって、日本の経済活動がうまくできなくなっている。 これは、民主主義国家の欠点が、人口減少によって、所有者が亡くなって、相続者も高齢で相続の手続きが行われずに相続人が増えすぎて、だれも責任をもって処理を行わないために、相続されていない土地は、九州の広さになって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more