マイナンバーは個人識別氏名

 マイナンバーは、国民の氏名が、同姓同名の人がいっぱいいるために、国民の区別が氏名ではできないために、区別できる記号として、番号を用いて、個人を区別できる名前としたのがマイナンバーである。
 従って、名前は、電話帳にも載っているが、電話番号が知られて、勧誘とか、詐欺の電話がかかってくることはあるが、マイナンバーが知られても電話番号も名前も知らなければ、ただの数値で何もできない。
 今でも年金の個人番号や国民健康保険番号も付けられていたが、これも氏名だけでは、同姓同名の人がいっぱいいるために、区別するための番号である。
このように厚生年金や国民保険などに個別の番号を付けて、同姓同名の区別をするよりも氏名にマイナンバーで個人を特定しておけば、国民健康保険や厚生年金などに個別の番号を付けて、区別する必要がなくなる。
 マイナンバーは、個人名と同じで、他の人が知ってもただの番号で価値がない。逆に電話番号の方が、価値がある。
すなわち、マイナンバーは、個人の名前と同じである。
ただ違うのは、日本で同じ名前の人がいない名前である。名前を知られても、問題がないようにマイナンバーが知られても特に問題はない。
 これは、銀行の口座番号が知られてもパスワードが知られなければ、盗まれないように、マイナンバーは氏名であり、パスワードが知られなければ、問題は起きない。
 ただし、国民年金、住民票、健康保険などの管理しているシステムがネットに接続してしまうと世界中からのサイバー攻撃を受けて、情報の流出が起きる危険性が生じるために外部のネットとは、接続しないで用いられている。国民年金の情報漏れは、個人のパソコンに個人情報をコピーして用いていたことによって、その個人のパソコンから流失した。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック