クジラが来る里海、瀬戸内海

 ザトウクジラやイルカが来る里海と呼ばれる瀬戸内海が、漁師たちの活動でアマモが復活し、管理された里海になってきた。
 一時期、工場排水や、生活排水で赤潮が多発生して、多くの魚が死んだり、魚も減少していたが、工場排水や生活排水の処理が進んで川が綺麗になってきたこともあり、赤潮の発生が減少して来た。
 さらにカキの養殖で、富栄養での植物プランクトンの大量発生を抑えて、赤潮の発生を抑え、魚の酸欠死を抑える効果が明らかになってきた。
 瀬戸内海には、多くの川から、生活排水や工業排水が多く流れて込んでくるために排水を浄化してもまだ多くの栄養分が含まれて、夏には赤潮が発生していたが、広島のカキ養殖イカダが瀬戸内海の多くに海域に配置されることによって、その海域が綺麗に浄化されて、透明度がまして、アマモが復活して、益々海が浄化されて、魚介類が増えて、綺麗になってきた。ただし、近年は、逆にプランクトンが減少して、養殖カキの種がホタテガイの貝殻に付着しなくて、生産量が減少して、値上がりしている。ある程度栄養分がないとプランクトンが少なくなり過ぎて、カキの養殖も制限されてくる。

 また浅瀬の海にはアマモを漁民が種を蒔いてアマモ場が広がって、魚の産卵場ともなって、稚魚が育ち、多くの魚が獲れるようになってきた。
 この魚を狙ってイルカが数百頭も群れを成してやってくるようになった。またカブトガニも産卵が行われ、絶滅しかけていた自然がもとに戻ってきた。
 このように瀬戸内海は、生活排水や工業排水の浄化で富栄養が抑えられ、大量のカキ養殖のイカダで海水がさらに浄化されて、透明度が高くなり、海底に日が差し込んでアマモが育つようになり、魚の産卵場が増えて、漁獲量が増えてきた。
 この多くなった魚を狙って、数百頭ものイルカの他にザトウクジラまで里海の瀬戸内海にやってくるようになった。


2015.02.12追加

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック