遅れた日本の予防接種!

 日本のワクチンによる予防接種が外国に比べて、20年も送れているが、本来これは厚労省がリードすべきことであるが、官僚の無能により放置されてきた分野でもある。
 予防接種にかかる費用と予防しないで病気になり、死亡したり、後遺症に苦しむ子供が多く出ているがこれらの医療費が死亡や働けなる人による損失を比較して、予防接種しないと国民の損失がどのくらい大きいか示せば、予防接種の重要性が誰もが納得できるのに放置してきたために、外国と比べて大きく遅れている。
 確かに、予防接種で死亡したこともあって、責任を回避することだけを考える官僚は、予防接種に消極的になって、新たの病気のワクチン接種を個人任せにして推進してこなかった。(ポリオは、先進国では日本だけ生ワクチンを接種して、危険性の無い不活性ワクチンが使用されていないために毒性の強いポリオが発生して、小児麻痺になる人がいるが、厚労省は無視して、国内で開発されるまで後数年生ワクチンを使い犠牲者を出すつもりもようだ。厚労省の役人が天下りしている製薬会社の保護のために国民を犠牲にしているのか?)
 予防接種は、病気を未然に防止することができるために、病気なって発生する医療費など経済的な負担や苦しみなど防げるもっとも効率のよい対策である。
 米国など小学校に入学するためには、予防接種を受けていないといけないことに法律でなっている。
 このために毎年、日本で発生している水疱瘡、おたふくかぜなど先進国では発生していない。
 また、若い女性が子宮頸ガンで多くの人が亡くなっているが、これもワクチンで予防できる。
 日本の医療費が、日本の高齢化に伴って、巨額になっている対策としても病気の予防は、重要であり、ワクチンで予防できるものは、速やかに推進することが不可欠になっている。
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック